ただ一つのオンライン自宅学習プログラム

アーテイスト・グロースJTシステム©

美術大学立体空間デザイン系ではなく、 一般大学の難関工学系大学の建築科AO入試を受験する人は 特に自己PR資料に置けるアート系作品の必要性は、 ダビンチも建築の重要性を言葉やドローイングで残しているが 20世紀建築の主流を創った3人の一人である、 コルビジェやフランク・ロイド・ライトも書き記しているが、 やはりなんといっても自然から学びデッサンする事を 若い建築家へ忠告している。建築を志す以上、 自分が目指す建築への情熱を表すためのデッサンや 建築模型や立体造形などのアート系作品がある事が望まれる。 その理由は、相手の側に君が立ち見れば分かるだろう。 芸術的建築は頭だけではうまく出来ない、 スピリットと思考(理性)と情熱、経済性が要求される。 それは創造的な芸術作品か、単なるテンプレートによる職人芸 の差と言えるのではないか。君は職人になりたいのか?それとも、 世界で一つしかない総合的芸術である 建築芸術家としてアーテイストで生きたいのか? そこが、早稲田建築科がめざす ”工学的建築だけではなく、芸術建築との融合を 育成したいと言う教育目標ではないのだろうか? 頭でっかちの存在から人々に本当に役だつ事を、 君は自分が選んだ職業を通じて、じぶんの目と頭と手を十分に生かし ただ一度しかない君の人生を自己発展しながら 建築芸術家として生き抜いていけたらそれは、 とても素晴らしい君だけの時間芸術というレガシーが 世の中に残るのではないかと 私は信じています。
3時間から5時間で時間範囲で

 

 

 

 

                   まったく初めてでも大丈夫!合格とその先につながる経験:

                                   ・高度で国際的な専門性:一生使えるスキルとノウハウ

                      ・美術の才能:美術の成績が普通でも大丈夫

                      ・地理的条件:自分の部屋やどこでも学べる

                      ・用具:必要最小限から開始できる

                      ・心構えと自己管理:アーテイストに変身し

                                                                              目標達成能力を身につけることができる

                                                       ・修得時間:最短で最小の努力で基本が学べる

 

高橋順一

Junichi Takahashi

 

Allightnight reserved©JunichiTakahashi .2016.2017

掲載の情報・画像などの全てのコンテンツの無断複写・使用・転載を禁じます。