file:///Users/TakahashiJunichi/Desktop/bidaigokaku.hp.html/index.html file:///Users/TakahashiJunichi/Desktop/bidaigokaku.hp.html/index.html
 国内外美術大学デザイン全科受験 学部、大学院、転科、建築AO・一般、造形表現受験対策 "人生は知識を知恵にする、ただ一度の時間芸術”© “あなたが国内外美大デザイン全科に合格する秘訣は、 卓越の32年間89.9%の連続累計合格率と 約1000名の個別指導経験と圧倒的実績をもつ 正真正銘本物のエキスパートと出会うことだけだった" あなたが幸せを手にするためには、 大手芸美大受験予備校が教えない 「一生使えるプロ知識のノウハウ」を 「独自メソッド」で合格する最短最速の‘秘訣’を 卓越の戦略と圧倒的な合格実績をもつ 本当のエキスパートが教えます。 初心者が快適な自宅で、自分のペースで学び ‘アーテイストに変身し合格したあなた’を 思い浮かべてください。

 

 

                     まったく初めてでも大丈夫!合格とその先につながる経験:

                                  ・高度で国際的な専門性:一生使えるスキルとノウハウ

                     ・美術の才能:美術の成績が普通でも大丈夫

                     ・地理的条件:自分の部屋やどこでも学べる

                     ・用具:必要最小限から開始できる

                     ・心構えと自己管理:アーテイストに変身して合格できる

                                                                        ・目標達成能力を身につけることができる

                                                    ・修得時間:最短で最小の努力で造形表現の基本が学べる

 

ただ一つのオンライン自宅学習プログラム

アーテイスト・グロースJTシステム©

一般大学と専門大学(音楽、体育等)、あるいは早稲田大学の建築科(総合芸術ととらえている大学)などとの違いは、実技試験があるので、学科試験だけでは合格はむずかしい。(ただし芸術学科などの学術的、あるいはアイデア力が要求される情報デザイン系(コンピューターなど理工学系)などもある。学科力があるが実技力が苦手な人も適切な科もあるが、全く基礎的造形力を

勉強しないで入学しても、入学後に周りの才能に圧倒されるケースが見られます。

立体系は立体構成 情報系や映像系などは 環境や社会面などへの提案や、ストーリーや斬新な発想が求められる。 構成

基礎造形メソッド 美術・デザイン©

 

   左の図は、私が現役生を想定して10ヶ月間で

学ばなければいけない美術の専門造形表現力を

受講生の希望する科を区別しないで、学習範囲を受験だけでなく、入学後あるいは、就職した

後にも憶えて習慣化して役立つことを、マップ化したものである。

 

 ■大学受験はマネージメント:

 人生の目的とは?また、目標とは自己存在の認識と、自己成長や自己実現への最初の自己のキャリアーのスタートでありとても、重要な
ことでもあると言えます。

 

 目的意識と自己管理能力の自己鍛錬は、人生における、受験生が初めてぶつかる、他人との本当の競争であり、大学受験は自分の強みを伸ばす場を探し、打算ではない本当の生涯にわたり交流できる、友人と将来への自分の強みを発見できる、若い時の貴重な時間と機会を与えられるという事なのです。

 

高橋順一

Junichi Takahashi

 

Allightnight reserved©JunichiTakahashi .2016.2017

掲載の情報・画像などの全てのコンテンツの無断複写・使用・転載を禁じます。